2010年04月08日

<掘り出しニュース>野球で地域振興を−−徳島・阿南市が「推進課」新設(毎日新聞)

 【徳島】野球による地域振興を進めている阿南市は1日、産業部に「野球のまち推進課」を新設した。野球の大会、合宿の誘致や観光ツアーの開催を市の事業として企画する。野球に特化した部署を自治体が設置するのは全国でも例がないという。

 野球が盛んな同市は、市内に本格的な球場「アグリあなんスタジアム」がオープンしたことを機に07年6月、「野球のまち推進協議会」を組織し、少年野球や60歳以上の還暦野球の大会、四国・九州アイランドリーグの公式戦などの開催を実現させてきた。09年には大学野球部が初めて合宿を実施。熟年チーム対象の観光ツアーをはじめ、事業拡大が見込めることから課の設置を決めた。

 課は専任理事、課長、課長補佐の3人体制でスタート。市は08年の経済効果を約1億2000万円と算出し、10年は1億5000万円が目標という。岩浅嘉仁市長は「全国に『野球なら阿南』と言われるようにしたい」と意気込んでいる。【井上卓也】

【関連ニュース】
巨人:育成選手の星野が支配下選手に
掘り出しニュース:BCリーグ審判員 地位低く人材難に
掘り出しニュース:野球:関西独立リーグ 韓流球団、始動 「キムチで応援や」
プロ野球:2010名鑑 阪神
プロ野球:巨人・星野が支配下選手に

郵政票>民主らしさ 「郵政」対立収拾も… しこり残す小沢流の影響(産経新聞)
与謝野元財務相、自民離党届を提出(読売新聞)
館長雇い止め、人格権侵害認める=豊中市に賠償命令−大阪高裁(時事通信)
道路予算 民主要望、9割反映 参院選“苦戦”の県、優先(産経新聞)
トラック正面衝突、2人死亡=国道で4台事故−長野(時事通信)
posted by ヒラモト トシロウ at 00:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

<亀井郵政相>仙谷戦略相を批判「郵政問題は1、2周遅れ」(毎日新聞)

 亀井静香金融・郵政担当相は31日、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額を引き上げる郵政改革案に異論を示していた仙谷由人国家戦略担当相について「小泉改革の民営化時点で思考停止している。仙谷大臣はまじめだが、郵政問題については1周か2周遅れだ」と批判した。東京都内で記者団に語った。

 一方、前日の閣僚懇談会で鳩山由紀夫首相が郵政改革案を了承したことについて、「総理は閣僚懇で『私が結論出します』ときちっと判断された。政策決定プロセスはうまく機能している」と鳩山首相の決断を評価した。

【関連ニュース】
鳩山首相:「亀井案、基本に調整」郵政改革で意向
郵政改革:菅氏と亀井氏、テレビ番組で口論
郵政改革法案:亀井担当相「株式公開時期は明示しない」
亀井担当相:追加経済対策講じるべきだと進言 鳩山首相に
郵政改革:亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承

派遣型風俗店事務所に3人組、200万円奪う(読売新聞)
<橋下知事>豊中市長と“和解” 大阪空港跡地利用で協議へ(毎日新聞)
<上関原発>島民らの妨害を禁止 山口地裁支部(毎日新聞)
<大阪市営地下鉄>谷町線で逆走 昨年9月、初歩的ミスで(毎日新聞)
浅田真央、高橋大輔選手ら春の園遊会に(読売新聞)
posted by ヒラモト トシロウ at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

【悠々往来 ローカル線の魅力】「水間鉄道」 参拝客を運び80年(産経新聞)

 ■うどん業者の支援…随所にサービス精神

 かつて紡績業で賑わった大阪府貝塚市。新興住宅地と旧市街地、田畑が混在する町を走る水間鉄道は、厄除け観音として知られる水間寺への参拝客を運ぶため大正時代に開業した。80年以上を経た今、その役目は通勤、通学、買い物など地域の交通手段に変わった。大阪近郊の、小さな鉄道の魅力を探った。(文 藤谷茂樹)

 乗り込んだ列車は貝塚駅をそろりと発車した。東急電鉄から譲り受けたステンレスボディーの元7000系。単線の鉄路は、民家や商店の塀スレスレに敷かれている。直進に入ってやっとスピードが出たと思うと、次の貝塚市役所前駅に到着した。

 終点までわずか15分。だが停車駅が多いためか、和泉の山々が間近に迫っているせいか、意外と遠くに来た感じがした。

 到着した水間観音駅の駅舎を見上げると、五重塔のてっぺんにある「相輪」が屋根から突き出している。水間寺の三重塔にあやかった大正15年築の駅舎で、平成11年に国の登録有形文化財に登録された名駅舎だ。

 水間寺では泉佐野市の無職、野田隆さん(70)が本堂で手を合わせていた。「よく家族の厄除けを願います。今日は古札を納めに来ました」。奈良時代に、聖武天皇の命で行基が開山した水間寺の本尊は観音様。行基が観音様を天皇に捧げたところ、天皇の病が治ったのが厄除け観音の由来だという。

 正月三が日には数十万人の参拝客を運ぶ水間鉄道だが、近年は自動車に押されて利用客を減らし、茨の道を歩んできた。そして平成17年に会社更生法適用を申請。経営立て直しと運営に名乗りを上げたのが、うどんなどの外食チェーンを展開する「グルメ杵屋」(大阪市住之江区)。日本一のうどんどころ香川県もびっくりの、日本で唯一うどん業者が経営支援する鉄道会社の誕生だ。

 随所に杵屋らしい工夫を凝らす。貝塚駅の改札脇にある大きな窓は、駅員が働いている姿が見えやすいよう改良した。うどんを打つ職人の姿を見せる、杵屋得意のサービスにつながる工夫だ。

 水間鉄道の坂本昌佑運輸部次長は「駅員は小さな窓から手を出し切符を売るというイメージでした。中を見せることでお客さんとの距離が近づき、働いている姿が見えるので駅員もテキパキと仕事をこなすようになりました」と話す。

 電車内で落語会を開くなどユニークなイベント展開もスタートさせ、イベント時や年末年始に水間観音駅でうどん、そばを販売し始めた。好評だったことから、昨年末に電車をあしらった紙製ケースを作ってうどんを販売したところこれも人気になったとか。

 もちろん駅舎の改修や自動列車停止装置(ATS)の導入にも取り組んだ。グルメ杵屋の森田徹専務は「ATS設置は、経営難で遅れていましたので真っ先に取りかかりました」と振り返る。

 ◇ 

 寺の境内に「お夏清十郎の墓」があった。南北朝時代、身分違いの許されない恋をした2人が互いを思う強い気持ちで最後は結ばれる物語。墓前のプレートに正岡子規の「契らばや 君は赤 われ白椿」が添えられていた。2人を詠んだ句ではないが、仲むつまじい姿が思い浮かんだ。

 そして戻った水間観音駅で、構内の端にクリーム色の電車が展示されているのを見つけた。昭和50年代に活躍した、南海電鉄から譲り受けた501形だ。大きな車体は役目を終えて骨休めしているように見えた。水間鉄道のおかげで、様々な時代を感じる時間旅行ができた気がした。

                   ◇

 約1年にわたって掲載した悠々往来は今回で終了します。

宝塚音楽学校 40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)
裁判長「誠に申し訳ない」、菅家さんに謝罪(読売新聞)
警察庁長官狙撃 延べ48万人動員実らず…時効成立(毎日新聞)
雑記帳 手すき和紙のウエディングドレス 秋田・横手(毎日新聞)
鳩山首相「中国の努力評価」 ギョーザ中毒事件で容疑者拘束(産経新聞)
posted by ヒラモト トシロウ at 01:16| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。