2010年03月26日

<皇太子ご一家>長野で静養 愛子さま春休み(毎日新聞)

 皇太子ご一家は24日、静養のため長野新幹線で長野県入りした。ご一家はここ数年、長女愛子さま(8)=学習院初等科2年=の春休みを利用して同県北部に滞在し、スキーを楽しんでいる。

 ご一家は雨の中、午後1時過ぎにJR長野駅前に傘を差しながら姿を見せた。学校生活に不安感があるという愛子さまは、薄いピンクのダウンコートを着て、右手に白いバッグを持っていた。駅頭に集まった人たちに対してにこやかに手を振るご夫妻と一緒に、迎えの車に乗り込んだ。

衆院外務委員会参考人質疑(服部良一議員)(産経新聞)
<阿久根市>公共工事「不自然な入札」 反市長派が批判(毎日新聞)
<裁判員裁判>集団強姦罪の男に無期懲役 地裁立川支部判決(毎日新聞)
橋下知事の生激論見られるのに…議会傍聴なぜか空席(産経新聞)
トヨタ工場で小規模爆発、作業中の1人軽傷(読売新聞)
posted by ヒラモト トシロウ at 14:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

効果は未知数…高校授業料の無償化(産経新聞)

【風】

 民主党が昨年の衆院選の公約で目玉施策の一つとした高校授業料の無償化が、いよいよ4月からスタートする方向だ。法案は、16日午後に、衆院本会議を通過した。

 制度をおさらいすると、国が支出するのは、原則として高校生1人あたり年約12万円。公立高生については、授業料全額を国が直接肩代わりし、保護者からは徴収されなくなる。

 私立高生についても国から学校に約12万円が支給され、その分授業料が安くなる。保護者の年収が250万〜350万円未満ならその1・5倍、250万円未満なら2倍を支給。自治体によってはすでに実施していた独自の授業料減免制度を拡充させ、低所得者層などの「実質無償化」に踏み切る動きも出ている。

 文部科学省によると、制度の意義は「すべての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくる」ことにあるという。確かに不況の中、サラリーマンや自営業者などの家庭にとり、教育費はかなりの重圧となっている。「安心して子供を育てられない」という経済的な不安感が、少子化の要因になっているとも指摘される。

 文科省の統計によると、都道府県立高校で授業料を滞納した生徒は、平成20年度末で8245人、私立高の滞納生徒は9067人。私立高では授業料が年50万円を超える高校も多く、義務教育ではないとはいえ、高校進学率が98%に達する中で、公的な手立てはやはり必要だろう。

 他方、課題点も浮かぶ。一つは、無償化になるのはあくまで授業料のみという点。文科省が今年1月に発表した20年度の「子どもの学習費調査」によると、学校教育費として1年間にかかる平均額は公立高生で約35万7千円、私立高生は約78万3千円。このうち授業料は3〜4割にすぎない。

 概算要求段階で計上されていた、低所得者層の入学金や教材費などを奨学金の形で支給するための予算も、査定段階でなくなってしまった。そもそも、授業料無償化にどれほどの効果があるのかは未知数だ。

 今回の「風」のテーマは「教育費」。授業料などだけでなく、塾や予備校費もばかにならないし、中学受験となればさらにお金がかかる。“現役世代”だけでなく、将来に不安を抱える若い世代、すでに子育てを終えた方など、広くご意見をお待ちしています。(健)

【関連記事】
高校無償化、子ども手当の2法案、衆院通過へ
朝鮮学校 産経のみ「無償化反対」 教育の中身不問の他紙
「朝鮮総連と一線を画してほしい」 朝鮮学校視察の橋下知事
「敬愛する金総書記」107回、日米に敵対…朝鮮学校「現代朝鮮史」
首相フラフラ 朝鮮学校の高校無償化「除外」一転「対象」に
20年後、日本はありますか?

<鳩山首相>「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」(毎日新聞)
文京区長 育休取ります 自治体首長で初(毎日新聞)
主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見−米国(時事通信)
海保、警視庁が“厳戒態勢” シー・シェパード逮捕 (産経新聞)
<札幌7人焼死>用途変えず開業か 防火審査の機逸す(毎日新聞)
posted by ヒラモト トシロウ at 06:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

死亡隊員の両親、国など提訴=格闘訓練は「体罰」−松山地裁(時事通信)

 海上自衛隊第1術科学校(広島県江田島市)で2008年9月、特殊部隊「特別警備隊」養成課程の3等海曹の男性=当時(25)、愛媛県東温市=が訓練中、15人相手の連続格闘で死亡した事件で、両親が国や当時の担当教官ら4人に、計約8000万円の損害賠償を求める訴えを松山地裁に起こしたことが16日、分かった。
 原告側代理人によると、両親は海自関係者から「養成課程を辞めることになっていた3曹へのはなむけだった」などと説明を受けたが、訴状の中で「体罰や制裁が目的だった」と主張。経緯についての説明も不十分だったとしている。
 呉区検は昨年8月、格闘に立ち会った男性教官を業務上過失致死罪で略式起訴し、罰金50万円が確定。教官とともに書類送検されたほかの3人は不起訴処分となった。 

【関連ニュース】
【動画】第26回自衛隊観艦式
〔特集〕真珠湾攻撃〜ワレ奇襲ニ成功セリ〜
〔特集〕F35ライトニング戦闘機〜次期主力戦闘機の有力候補〜
【特集】陸上自衛隊装備図鑑〜新型戦車、10年度配備へ〜
〔特集〕F22、F35のフォト満載! 軍用機ミュージアム

「米国は陸上案を拒否できない」 国民新党・亀井代表(産経新聞)
亀井氏、有事の核通過は「緊急にやればいい」(産経新聞)
<火災>老人介護施設で出火 3人が死亡、不明者も 札幌(毎日新聞)
阿久根市長 3回連続で市議会本会議を欠席 鹿児島(毎日新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(3)混合診療「なぜ自己負担」(産経新聞)
posted by ヒラモト トシロウ at 16:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。